Web 販促 EXPOに出展しました!!

2019年6月19日(水)〜21日(金)の3日間、マツリカは東京ビックサイトにて開催された販促・マーケティング総合展「第2回 Web 販促 EXPO」に出展しました!
総合展全体では、約41,000名の方が来場し、会場内は連日熱気に包まれていました。

今回のEXPOでは、「営業に効くSEO×MA×SFA」をテーマに、MIERUKA、SATORIと共同出展したマツリカ。
ブースでは主に、クラウド営業支援ツール「Senses(センシーズ )」をご紹介!体験デモを中心に、実際に営業支援ツールを使って何ができるのか?という部分をお伝えしました。

本レポートでは、ご来場いただいた方はもちろん、ご参加が難しかった方にも、当日の様子や雰囲気をお伝えできればと思います!


焼肉叙々苑キャンペーン?

当日は、5分で学べるミニセミナー「マーケvs営業は永遠のテーマ? -デジタル変革で実現するコラボレーション-」も開催。
マツリカのカスタマーサクセスマネジメントチームや、マーケティングチームのメンバーが登壇して、営業組織の売上向上のために、ITを利用してマーケティングとセールスチームがどう連携できるかについて解説しました。

売上が思うように伸びないと悩む組織の中では、セールス側では「マーケティングが集めてきたリードの質が良くない」、マーケティング側では「集めたリードを営業がきちんとフォローしているのか」という疑念・対立が尽きないといわれています。

そんな企業へのお悩み解決方法を5分でお話しした当セミナー。毎日多くの方が立ち寄り、耳を傾ける様子がうかがえました。


また、ブース前では、営業とマーケティングに関するアンケートにお答えいただいた方の中から、抽選で毎日1名様に高級焼肉券が当たるイベントも実施。
ご来場のお客様も「叙々苑!?」と目を輝かせてくださることが多く、お肉好きな方が多く、アンケートパネルへの回答も大盛況でした!

今回は、アンケート結果の中身をちょっとだけご紹介!
 
「マーケティングが獲得したリードは受注に繋がりやすいですか?」との質問に、67%の方が「はい」と回答。セールス側では、マーケティング獲得リードの重要性を感じている方が意外と多いことが分かりました。

そのほかのアンケート結果については、今後Senses.Labにてご紹介予定!

マツリカでは、今後も展示会を予定しておりますので、ぜひご来場いただけましたら幸いです!