大手企業からスタートアップに転職したセールスチームのメンバーに「大手からのスタートアップ転職」をテーマに、キャリアの考え方や転職の軸について聞く座談会。

前編では、みなさんの転職のきっかけ、マツリカとの出会い、大手とスタートアップでできることの違いについてお話いただきました。

後編では、転職の際の優先順位、スタートアップの環境、スタートアップに合う人合わない人など・・・引き続きお話をうかがっていきます。

・ ・ ・

この記事が役に立ちそうな方

・ 大手企業からスタートアップへの転職を迷っている人
・ 転職の軸って何?と思っている人
・ スタートアップ転職にまつわるリアルな声を聞きたい人
・ スタートアップでやっていく適性があるか知りたい人

みなさんこんにちは!
マツリカフィールドセールスの木村玲奈(通称 きーちゃん)です。

後編もよろしくお願いします!

本日の座談会メンバー

久保 文誉(ちゃんぷ)

新卒でソフトバンク株式会社に入社。法人営業部門で新規開拓の直販営業に従事し、約3年半中四国エリア(広島・愛媛・鳥取・香川)を担当。2016年8月、マツリカに参画。2019年10月、VPoP(プロダクト責任者)就任。

丸山 隼平(マティス)

リクルートグループの求人広告事業で営業部門を10年、企画部門を5年担当した後、2019年9月、マツリカに参画。前職では日本全国のエリアを複数担当し、新規・既存と営業からマネジメントまで従事。

笠本 修平(ぺー)

新卒でNTT東日本に入社。2年間、法人営業組織でPBX(電話交換機)の営業と受注後の構築業務に従事。その後、営業企画、サービス開発と異動。通算11年在籍した後、2019年、マツリカに入社。

「優先順位がない」ことが、優先順位

転職活動をする時に、優先順位を決めておくと良いと聞きます。みなさんは、お給料や働き方、時間の使い方などの優先順位についてどうお考えですか?

僕は、仕事とプライベートを分けたくないんです。やりたいこととやってることの境界線にずっと違和感を感じていたので、境界線も優先順位もないのが理想。自分のやりたいことや楽しいことが会社の事業であって、自分の好きな人は、職場の人/プライベートの人じゃなく“好きな人”。

インテグレーションされている状態ですね!

そう。優先順位がないのが、自分の優先順位です。

時間の使い方は、いままでもやりたいことに一番時間をかけてきたので、特に気にすることはなかったですね。仕事中に、家族や友達からLINEが来たらその人のことを思うし、家族といたとしても、仕事のアイデアを思いついたら仕事のことを考える。そこを切り離さない。

どっちに主軸を置くか? どっちに多くの時間を使うか? というところは、みんなフレキシブルにやってるよね。

優先順位があってもいいと思います。あってもいいけどなくてもいい。

自分もワークライフインテグレーションすごく考えました。仕事とプライベートを完全に切り分けるのは嫌なんです。仕事をしている間も心から楽しいって思える仕事を探してマツリカを選んでいるので、優先順位はそれだけですね。

【営業座談会】大手企業からの転職組に聞く、スタートアップ転職のリアル(後編)|mazricatimes|1

でも、お金のことは結構考えたな。何年くらいでお金が底を尽きるのか。最初の頃、自分のキャッシュフローはひどい経営状態でした(笑)

ギリギリで回されていた時期があったんですね。

そうですね。でも、当時給料のことは割とすんなり捨てられました。ゼロから何かを創り出して“自分で創った”って心の底から言える状態が手に入るなら、何百万下がる給料はどうでもよかった。

給料ほしいならこんなとこ来ちゃだめだよね(笑)給料もらうためだけにスタートアップに来たらたぶん失敗すると思います。

めちゃめちゃそうですね!お金じゃないところにも価値を感じられないとつらいかも。

【営業座談会】大手企業からの転職組に聞く、スタートアップ転職のリアル(後編)|mazricatimes|2

一概には言えないけど、大手のほうがお金はもらえそうな気はします。生産的に組織運営する仕組みが大手企業にはある。自分だけの力でない部分もあるだろうから。でも我々は、創った価値で自分たちの給料も返ってくる気がする。

“やりたいことができる”が圧倒的な比重を占めているんですね。

そうそう、その比重がすごく大きいのかもしれない。何がやりたいか、何が選べるか、どうありたいか。

逆にあれです。やりたいことがいっぱいありすぎて優先順位づけをしなきゃいけない。そういうのはありますよ(笑)

“やりたいこと”が毎日生まれる環境

これまでのお話を聞いて、みなさんがご自身のやりたいことを叶える場としてマツリカを選んでいることがわかりました。実際にマツリカに来てやりたいことは叶っていますか?

自分の状態でいうと叶ってると思います。でも、理想や目標の追及という点では全然満足できてないし、もっとやれると思ってる。

でも、大手にいたときに感じていた、朝起きてやりたいと思っていることとやっている業務とのズレ。そこに違和感を感じることや、自分に嘘をつくことはなくなりました。

うんうん、わかります。

その違和感を感じていない人って、実は、日本にほとんどいないと思うんですよね。みんな大なり小なり嘘を抱えて、電車に乗って、会社に向かっていくと思うんで。

その嘘をつかなくていいのが、僕が思う“祭り化”した状態なのかなって、最近そう思います。

私は毎朝“今日は絶対にこれをする”というハイライトを決めているんです。いままではほかのタスクに追われてハイライトに手が回らないことがよくあったんですけど、マツリカに来てからはそれがない。思ったようにできなかった反省があっても、仕事の“質”について悩めるので楽しいんですよね。

ペーさんはどうですか?

自分のやりたいことを100できてるとは思わないですが、やれる環境はあると思います。

やりたいことができる環境というのは?

自分次第の環境です。 やりたいことがあるのに、やりたいことじゃない仕事に引っ張られてできない、みたいなことが各段に減りました。だからもう、自分がやるかやらないかだけなんです。それが、いままでなかったつらいところでもあるんですけど。自分がどれだけ踏ん張るかで、やれることが変わってくる。

【営業座談会】大手企業からの転職組に聞く、スタートアップ転職のリアル(後編)|mazricatimes|3

マティスさんはマツリカでやりたいことができていますか?

うん、できてる。毎日楽しい。毎日昨日より今日が楽しい。

“やらなきゃいけないことを任される仕事”と“やりたいことを自分で生み出す仕事”の2種類で考えたときに、前者があんまりないんですよ。だから、チャンプさんの朝嘘つくことがない話や、ぺーさんのやりたいことを自分でつくる話よくわかる。

やりたいことがあって叶えられる場にいると、“祭り化”した状態に近づくんですかね。

やりたいことができる場所を探したらここにいた、だと思ってるんです。だから、やりたいことがわからないから全部教えてくださいって人は、いまの僕らのフェーズにはそんなに向いてないかもしれない。極論ね。

でも、いまやりたいことがなくても、マツリカには「やりたいこと」を持っている仲間がたくさんいるんです。そして、それを声に出して実践している。みんなの「やりたい」を聞いてると、自分もやりたいと思うことがきっと出てくると思います。

確かにみんなやりたいことを毎日自分から発信してます。

僕が、昨日より今日が楽しいのは、みんなと一緒にいるとやりたいことが毎日どんどん溢れてくるからだと思うんですよ。なので、そういう仲間と環境があることがすごくありがたい。

スタートアップに合う人/合わない人

どのような人がスタートアップで力を発揮できるでしょうか?スタートアップに合わない人についても聞きたいです。

マツリカには、Initiativeというバリューがあるんですが、Initiativeを取れない人はきついと思います。どの仕事でもあたりまえなんだけど、スタートアップは特に。

確かにマツリカのメンバーもみんな、担当の領域を越えてInitiativeを発揮していますね。

自分がやりたいことをやっている状態=いちばん生産性が高い状態だと思うんですけど、自分で実行まで落とし込めなかったらつらいと思うし、ついていけないことも多くなっちゃうんじゃないかな。

「自分で」「自分が」「やりたい」がある人はスタートアップに向いていると思います!

やりたいことと会社の事業との合致も必要ですよね?

事業に興味がないのもつらいと思いますね。まだ小さい組織だから、事業と自分との距離が近いんです。なので必然的に、プロダクトの課題や自分たちの価値を考え続ける環境になります。扱っているプロダクトや会社の事業自体が面白くなかったらきっとつらいですよね。

そこを楽しめなかったら、確かに苦しいと思います。

あと、BtoBのSaaSやカスタマーサクセスとかのトレンドワードに惹かれて意思決定しちゃうのもちょっと危険かな(笑)

【営業座談会】大手企業からの転職組に聞く、スタートアップ転職のリアル(後編)|mazricatimes|4

会社のミッションに共感してるっていうのは間違いなくあると思います。世の中にどう価値を提供していくかを考えた時に「人が作ったものを提供する」という考え方だと厳しいと思っていて。

創るべき価値や価値を向ける方向について、自分なりに思いを持っている人じゃないときついと思いますね。この規模で受け身になっちゃうと、価値も生み出せないし、やっていてもたぶん楽しくない。

マティスさんは面接で候補者の方とお会いする機会も多いと思いますが、いかがでしょう?

マツリカがやりたいことを“我がごと化できるか”だと思います。マツリカがやりたいことを自分がやりたいと本気で思える。そしてそれを第一優先に考えて動ける人はきっと成果を出せると思います。

逆に、こういう人は苦しくなっちゃうんじゃないかっていうところは・・・?

我々が作りたい世界をどうやってつくるかより、権威・権力が欲しい、目の前の給与が欲しい、流行りのスタートアップだから、大手が嫌だから、IPO前だからなんかラッキーなことあるかも、そういう気持ちは全部持っていていいんですけど、それが一番になってしまうと苦しいと思います。

そうですね。権利権益じゃないところにも魅力を感じられてないと。

お金もらえると思って来たけど思ったよりもらえないじゃん、権力もらえると思ったけど権力ないじゃん、 IPOするって言うから来たのに全然しないじゃん。そんなの、どうにでも変化するんです。あるあるですよ。そういうことにとらわれすぎてしまうと、どこかでずれが生じる時が来ると思います。

我々はやりたいことを叶えるためには、いかようにでも変化するので。

大手企業って、速さやスピードといった時間軸を求められることってあんまりないと思うんです。だけど、スタートアップは1、2年で大きく変化します。それにアジャストできなかったら置いてかれる感覚がこの3年ずっとあります。

スピード感の違いは確かに想像以上です。

「現状維持は後退である」とずっと感じてきました。会社の変化にアジャストするために自分を変えていく覚悟がなかったら、たぶんすぐダメになる。凄い人がどんどん入社してくるし、常に自分より上の人たちが現れるので。いまの自分のままで勝負できると思っていると難しいかもしれない。

いろんなことが起きて、それに対してネガティブになっちゃう人も厳しいと思います。ネガティブな事象ですら楽しめるカオス志向な人が向いていると思いますね。

マティスさんとか典型じゃないですか!疲れた顔してるのに、「わあ、楽しいわー」みたいな(笑)

いや、楽しいよ!

カオスを乗りこなす環境順応性も大事だけど、その変化を創り出していけるともっといいですよね。最先端のことをやっているマツリカの最先端でいてほしい。置いてかれそうじゃなく、置いていってやる! ぐらいの気持ちで。

いや違う。きっと最先端の人はそんなことも考えてないですね。目の前のことをただ面白がってるだけ。

自らカオスを創り出す、カオスメーカーですね!

ちょっと、カオスって単語がよくないんだよな(笑)

でも、ぺーさん面接の時にずっと言ってたんですよ、カオスカオスって(笑)

変化のなかで一緒にもがきたい人でもいいし、カオスを創ってやろう! っていうカオスメーカーでもいいんです。現状を変えたいだけだと苦しいかもな。ここに現状ってものはないので。

【営業座談会】大手企業からの転職組に聞く、スタートアップ転職のリアル(後編)|mazricatimes|5

ここに現状というものはない・・・!

今日と明日は違うから。毎日最先端のマツリカがここにあるんだから。

スタートアップに向いているのは、カオスを乗りこなして、さらに自らカオスを創り出せる人、ですね!

ですね!「カオスメーカー」タイトルになるかな(笑)

あと、無理だと言われるほど、やってやる! と思える人も、スタートアップやマツリカに共感できると思う。

チャンプさんもそうなんですよね!

そう。マツリカのやりたいことって、側から見たらアホなんですよ。CRM/SFAなんて「いまからやるんですか?」っていう領域だし。大手企業からスタートアップに来る意思決定もある意味そうですよね。

無理だと言われることがめちゃめちゃ多い。だけどそこに挑戦していこうと思える。華やかな世界ばかりじゃなくて、厳しいところもあると思うけど、そんな状況すら楽しめるカオス志向な人はスタートアップに向いていると思います。

遊ぶように働いて、営業の世界に光を射す

では最後に、みなさんの今後の展望をお聞かせください。

僕は、僕のように営業の世界にコンプレックスを抱える人をなくしたいんです。営業の世界を変えるなんて大層なことは言わないけど、少なくとも光を射すことはできると思ってる。自分自身が遊ぶように働いて、Sensesの価値を世の中に届け、マツリカが理想とする世界を一緒に目指したいですね。

自分は、マツリカの自由な環境と働いている人たち、Sensesに一目ぼれしたんですよね。営業として、自分が本当にいいと思うものを世の中にどう発信していくか、本当にいいものとは何か、これからも考え続けながら、楽しんで仕事に向き合っていきたいです。

日本の「売上を稼ぐ力」を大きくすることを、自分ができる範囲を超えて、日本中や世界中に広げることができるサービスがある。そして、それを広げたいと思っている仲間がいる。それがマツリカの魅力です。

10年後、いまよりも良い暮らしがそこにあればいいなあ、と思います。マツリカだったら、世界を祭り化しちゃうんですもん。それができるなあって。

本日はありがとうございました!


やりたいことはあるか。
やりたいことと会社の目指すものが合致するか。
会社を自分ゴトにできるか。

企業規模にとらわれず「やりたいことを一緒に目指す同志」として会社を捉える、セールスチームのみなさんの価値観を知ることができた今回の座談会。

広がり続ける選択肢の中で、自分のやりたいことを突き詰めていくことが、納得感のあるキャリア選択につながるのかもしれません。

▶︎▶︎マツリカってどんな会社? 気になった方は資料ダウンロード

マツリカでは一緒に働く仲間を募集しています!

フィールドセールスについてもっと知る