働き方や価値観の多様化とともに、会社や組織の捉え方も変わってきました。
転職や複業に一歩踏み出すハードルも、以前に比べて一段低くなったように思います。

当mazrica timesは「はたらくあなたを祭り化する」メディア。

キャリアの選択肢が増えたいま、自分らしく働き、最大限のパフォーマンスを発揮するためには、何を軸にしてキャリアを選択すべきなのでしょうか?

今回の座談会は、大手企業からスタートアップであるマツリカに転職したセールスチームのメンバーに集まってもらい、「大手からのスタートアップ転職」をテーマに、キャリアの考え方や転職の軸について聞きました。

・ ・ ・

この記事が役に立ちそうな方

・ 大手企業からスタートアップへの転職を迷っている人
・ 転職の軸って何?と思っている人
・ スタートアップ転職にまつわるリアルな声を聞きたい人
・ スタートアップでやっていく適性があるか知りたい人

みなさんこんにちは!
mazrica timesには初めて登場します。本日進行を務める、木村玲奈(通称 きーちゃん)です。

株式会社ビズリーチを経て、今年の9月にマツリカにフィールドセールスとして入社しました。いまはSenses(センシーズ)の営業を担当しています。

では早速、本日の座談会メンバーの紹介からいきます!

本日の座談会メンバー

久保 文誉(ちゃんぷ)

新卒でソフトバンク株式会社に入社。法人営業部門で新規開拓の直販営業に従事し、約3年半中四国エリア(広島・愛媛・鳥取・香川)を担当。2016年8月、マツリカに参画。2019年10月、VPoP(プロダクト責任者)就任。

丸山 隼平(マティス)

リクルートグループの求人広告事業で営業部門を10年、企画部門を5年担当した後、2019年9月、マツリカに参画。前職では日本全国のエリアを複数担当し、新規・既存と営業からマネジメントまで従事。

笠本 修平(ぺー)

新卒でNTT東日本に入社。2年間、法人営業組織でPBX(電話交換機)の営業と受注後の構築業務に従事。その後、営業企画、サービス開発と異動。通算11年在籍した後、2019年、マツリカに入社。

なぜ転職?きっかけは・・・

本日はよろしくお願いします!ソフトバンク、リクルート、NTT・・・誰もが知ってる大手企業です。

はじめに、みなさんのこれまでのお仕事と、転職を考えるようになったきっかけを教えてください!

僕は、新卒でソフトバンクに入社して3年半、法人営業部門で中国・四国地方を担当していました。ソフトバンクは最先端の IT技術を持つ巨大な組織です。でも、自分がいた「営業」の部署には、テクノロジーを活用しきれていないアナログな部分がありました。それが「営業」に対するコンプレックスとしてだんだん大きくなっていったんです。

ソフトバンクには、孫さんはじめ、ベンチャーマインドを持っている人がたくさんいました。“起業”や“新しいサービス”が社内に溢れているんです。こうした環境に身を置くうちに、自然と“自分で新しいものを創り出す”ことを意識するようになりました。

社内の雰囲気にも押され、“自分が感じた営業へのコンプレックスにテクノロジーを使ってチャレンジする”という方向に気持ちが向いていきました。これが転職を考え始めたきっかけです。

僕は、前職のリクルートで、“やりたい仕事”をやるために“できる仕事”を増やすことに邁進していました。嬉しいことに、“できる仕事”が増えると、お前にしかできないことだから任せたいという風になっていきます。

ただある時、“やりたい仕事”よりも“できる仕事”を任されていることが多いなあと感じ始めたんです。

でも、会社は好きだし、任される仕事にやりがいも感じていたので、すぐに退職することは考えませんでした。ただ、徐々に気持ちのズレが大きくなって1年、2年と経った時に、“やりたい仕事を自分でやろう、やれる場所を探そう”と思ったのが、大好きなリクルートを離れるきっかけですね。

僕は、新卒で入社したNTT東日本で、2、3年おきに人事異動を経験しました。営業からスタートし、営業企画、商品企画と自分がやりたかったことをやらせてもらい、このあとどういうキャリアを積んでいきたいんだろうと考えた時、自然と社外の選択肢にも目が向くようになりました。それで転職を考え始めましたね。

大企業に居続けるリスクって?

転職を考え始めた時、5年後、10年後、自分のやりたいことを達成するためのスキル・能力・考え方を最短距離で身につけるためにはどうしたらいいかを考えました。そしたら、大企業にいて安心感を得ている反面、“居続けるリスク”もあると感じたんです。

“居続けるリスク”というのは?

身につくスキルが、その組織のカルチャーやアセットを前提としたスキルで、汎用性の高いスキルと言うより、組織の中で最適化されたスキルに寄ってきていると感じたんです。

それを意識するようになったきっかけはありますか?

スキルがその企業に即したものになる、それが大企業であればその色が強くなるのは当然のことだと思います。

ただ、自分の場合は、やりたいことをやるために必要なスキル、組織に捉われないスキルとは何かを考え始めたことがきっかけで、組織の環境に甘えてしまうリスクを意識し始めました。

【営業座談会】大手企業からの転職組に聞く、スタートアップ転職のリアル(前編)|mazricatimes|1

大手にいるリスクというのは、チャンプさん、マティスさんも感じることがありましたか?

自分がやりたいことを、いつのまにか忘れてしまいそうな怖さはありました。

やりたいことを忘れてしまうというのは?

朝起きてやりたいと思っていることと、会社に行ってやっていることが違う。そのズレや違和感を、だんだん違和感とも思わなくなってしまうんじゃないだろうかという怖さです。そんな漠然とした不安はずっとありましたね。

【営業座談会】大手企業からの転職組に聞く、スタートアップ転職のリアル(前編)|mazricatimes|2

僕は個人的にはあまり感じなかったけど、2つのリスクが考えられるかもしれません。

なんでしょう?

一つは居心地が良くなることです。企業の中に評価のモノサシがあって、そのモノサシで仕事をする。世の中のモノサシと比較がしにくいので、たまに社外の人に会うと不安になることもあったりするけど、社内の人と仕事する日々の中では居心地良い。居心地は良いけどこのままでいいのかな、と思うことはありました。

もう一つ、大手企業は大きな視野や影響力をもっている組織なので、ディスラプト(崩壊)を選択するのが難しく、事業継続を優先することが多いんです。事業を継続させることはとても大切なことです。でも、目指すものにワクワクする機会が少なくなってしまうのではないかと感じることはありました。

チャレンジングなことができないということでしょうか?

大企業は、実はすごくチャレンジングなことをしていると思います。しかもそのチャレンジが「新しい何かを作る」だけではなく、「時代が変わっていく中で、今の事業やサービスを時代のニーズにアジャストしていく」という、すさまじく難しいことをやってるんです。

だけど、新しいサービスが出るわけじゃないから見えにくいじゃないですか。何も変わってないように感じるんですよ。すごい変化を作ってるのに、関わっているみんなが感じられてない。

いまのあたりまえが1年後には陳腐化してしまう世の中で、1年後もあたりまえでいる。こんな難しいチャレンジをしているのに、中にいると気付けないんです。

なるほど。すごいことをやっている感覚が持てない。でも社外からは評価されるんじゃないですか?

その言われ方が、「30年も続く企業ですごいよね」や「やっぱり●●社だからすごいよね」なんですよ。中にいる人間からすると「まあ大きい組織と仕組みでやってるからね」みたいな。

それだとやっぱり、やっていることの価値の大きさに気付けないじゃないですか。

企業規模は関係ない。
“やりたいことが、ここでできるか”

ありがとうございます!
みなさんの転職活動と、マツリカへの転職を決めた理由についても教えてください。

チャンプさんがソフトバンクを退職して転職する時、選択肢はスタートアップやベンチャーに絞っていたんですか?

企業規模よりも、“自分で創り出したい”をどうやって叶えるか考えていました。だから、起業も選択肢にあったし、ベンチャー・スタートアップというくくりで探していたわけでもないんです。

実は、僕がソフトバンクを辞めてマツリカに行きますって言うまで、6日しかかかってないんです。もう転職活動じゃないですよね(笑)

しかもマツリカに初めて行った時、面接を受けに行ったんじゃなくて、自作のアプリを見せに行ったんです。アプリを見た代表の黒佐に「これ全然だめだな」って言われたのがマツリカとの最初の出会いでした。

そうだったんですね!

でも、それをきっかけに、自分のやりたい「営業に対するコンプレックスを解消する」ことと、マツリカのやりたい「営業を祭り化する」ことが一致していると知って、一緒にやることにした。僕の転職はそんな感じです。

ソフトバンクは、社内からさまざまな新規事業が立ち上がっていくイメージがあります。ソフトバンクの中でご自身の事業を立ち上げるという選択肢もあったんですか?

社内のビジネスコンテストやアイデアコンテストにもチャレンジしていました。だけど、大企業のタイムラインは長いので、やっていることがやりたいこととすり合うまでの時間を待てなかった。なので、自分でやってみることにしました。

【営業座談会】大手企業からの転職組に聞く、スタートアップ転職のリアル(前編)|mazricatimes|3

マティスさんのやりたいこととマツリカへの転職についても教えてください。

僕は、営業や販売の生産性を上げることが、会社の生産性を上げるど真ん中だと思っています。そこに向き合っていきたいんですよね。自分の考えているこの事業ドメインと、マツリカの「営業を祭り化する」というビジョンが合致しました。

リクルートの事業や自分の関わっていた仕事はいまでも素晴らしいものだと思っていて、いまでもやりたいです。だけど、自分のやりたいことをやるために外に出ると決めた。僕も起業を考えたけど、同じことをやりたいと思っている会社が見つかったらそこでやるのもありだと思っていたので、マツリカを選んだ。僕がここにいる理由ですね。

そういうビジョンを持った、もう少し規模の大きな会社があったらそこも選択肢に入ってきたのでしょうか?

そうだと思う。僕も会社規模では選んでないですね。

じゃあほんとに、ビジョンや目指すものが一致するかというところなんですね。

ビジョンと、自分がやれる職種ですね。転職すると決めてから、いくつもの会社を自分で直接見にいきました。紹介・斡旋の人にもたくさん会いました。だけど、ビジョンが合う中で、営業やレベニューの領域をやらせてくれようとしたのはマツリカだけだったんです。マツリカは、その人が何をしたいかを尊重してくれました。

やりたいことと会社から任される仕事とのギャップを意識してから、最終的にマツリカでできると確信を持つまで、どのような経緯だったんですか?

やりたいことをやると決めて、自分で事業をするなら何をするか考えるのに半年くらい時間を使いました。そこから、自分と同じことを考えている会社があるかもしれないと思って、いろんな会社を見に行くことにしたのが今年2月。マツリカでやろうと決めたのが4月頃。

ほかの会社を見る時、先に出ていったOBに最近の動向を聞いてみたり、毎日のように人に会ってました。5社会ったけど、4社はまったく刺さらなかったなあ。

マティスさんには何が刺さったんでしょう?

やってることが一緒でも、目指す世界やビジョンが違えば全然違うと思うんです。「マネタイズするためにこういうものが売れると思う」というのと「これによって提供する価値がこうなっていくと思う」とで、全然違うじゃないですか。

どの会社とも合わなければ起業する前提があったけど、偶然マツリカと目指す世界が合ったんですよね。

【営業座談会】大手企業からの転職組に聞く、スタートアップ転職のリアル(前編)|mazricatimes|4

ぺーさんはいかがでしょう?

自分はもともと、いいもの、いいサービスを世の中に届けたいと思っていました。その思いを、限られたリソースの中で叶えるスキルを身につけたかったんです。

マツリカのSenses(センシーズ)というサービスを見た時、「これは間違いなくいいものだ」と感じました。この価値を、まだ決して規模が大きいとは言えないマツリカがどのように世の中に届けていくんだろう、と興味が湧きました。

僕の場合、転職は自己成長のため。もう少しいうと「生き方を選ぶ」ことだと思っています。安心して働ける環境を捨ててでもやりたいことをやる生き方を選択したいと思ったので転職を決めました。

ぺーさんは、大手に居続けるリスクを感じていたということですが、スタートアップを中心に探していたんですか?

スタートアップからメガベンチャーまで見ていました。最初、エージェントの人に会っていろいろ話を聞いたんですけど、紹介された企業やポジションが自分のやりたいこととあまりマッチしなかったんです。だから結局、会社のホームページのエントリーページから直接応募していましたね。

でも、最終的にはまたエージェントを使うんですよ(笑)たまたま予定が空いてる日に話を聞いてくれるところがあったので。そこで最初に紹介してもらったのがマツリカでした。その場でホームページを見せてもらったんですけど、途中から「マウス貸してください」って奪い取って(笑)

直感的にすごくいい会社だと思って応募しました。

マツリカのどこがぺーさんに刺さったんでしょう?

自分が知っている、いわゆる会社や組織とは違うワクワクするカオス感があったんですよね。あと、間違いなく何かいいものを作ろうとしてる人たちだと感じた。そこらへんが、自分の求めているものとマッチしたんです。

やりたいことは大手にいたらできない?

(きー)

ありがとうございます!
ちなみに、みなさんのやりたいことを大手企業にいながら叶えるのは難しかったのでしょうか?

できないことはなかったと思うし、きっとできたと思います。でも、やりたいことをど真ん中でやっている腹落ち感や感触、その感触が得られるまでのタイムラインが、望むものと合ってなかった。それだけですね。

自分も、大手だからできないことってあんまりないと思っています。やってないだけ。チャレンジしてないだけ。

リソースも豊富な大手からベンチャーに移るってことは、むしろ制限されることの方が多くなると思います。だけど、限られたリソースの中でチャレンジする環境や経験は、大手にいたら手に入れられなかったものだと思う。僕は、そこを求めて転職しました。


前編では、転職のきっかけ、マツリカとの出会い、大手とスタートアップでできることの違いなどを聞いてきました。

後編では、転職の時の優先順位、スタートアップの環境、スタートアップに合う人合わない人など・・・引き続きお話をうかがっていきます!

乞うご期待ください!

▶︎▶︎マツリカってどんな会社? 気になった方は資料ダウンロード

マツリカでは一緒に働く仲間を募集しています!

フィールドセールスについてもっと知る

Next →