連載マツリカのお仕事では、マツリカの各チームのキーパーソンに、チームで大切にしているマインド、求める人物像などを聞いていきます。


今回お話を聞くのは、マツリカのHRで採用リーダーを務める原田美輝さん。

「面接に来てくれた人が幸せな気持ちで帰れるように、1時間に全力を尽くします。」
そう話す原田さんに、採用に対する思いを語っていただきました。

▶︎▶︎ 原田さんのほかのインタビューはこちら
私たちの祭り化原体験 Vol.1ーぶつかっても喧嘩しても、最後にみんなで笑って泣けたら最高じゃん

Initiative・Liberty・Creativityがすべての根幹

ーまずはじめに、マツリカの会社の雰囲気を教えてください

マツリカには「祭り化して働く」を体現している人が集まっています。”祭り化”というのは、何かに没頭したり熱中することを表現した言葉です。

マツリカは「世界を祭り化する」をミッションに掲げているので、いちばん大切なのは自分たちが祭り化して働いていることなんです。

ー具体的にはどのように「祭り化して働く」を体現しているのでしょうか。

マツリカには、Initiative・Liberty・Creativityという3つのバリューがあります。「祭り化して働く」ためには、これらのバリューを行動基準にして動くことが大事です。
バリューは会社と社員の約束なので、何か行動を起こす時にはバリューに沿った行動かどうかが基準になります。

私の場合ですが、Initiativeを発揮してやりたいと手を挙げ、入社5か月のいま、採用をほぼすべて任せてもらっています。
社内報をはじめる時には、広報を中心に、エンジニアや人事、バックオフィスなど幅広い業務のメンバーが自発的に手を挙げました。誰かが声をあげたら周りが全力でサポートしようとするのもマツリカのInitiativeです。

Libertyは働き方の自由と仕事の裁量の自由です。
社員は、自身のパフォーマンスを最大限発揮するために、時間と場所を自由に決めることができます。また、やりたいと声をあげたら任せてもらえる環境があります。これも裁量の自由という意味でLibertyと言えるかもしれません。

Creativityというのは、ルールや型に縛られずに、どうしたらもっとよくなるかを考えることです。
たとえば弊社のデータサイエンティストはプロダクトである営業支援ツールSensesのAI開発が本業務ですが、部署を横断してカスタマーサクセスチームの顧客分析なども自発的に行い、チャーン阻止に貢献しています。社内でPCを買い替える時には、情報システムの知見があるエンジニアがバックオフィスの仕事に入ってくれました。
このように、自分の強みを活かして幅広い領域に貢献しているのはCreativityを発揮している例ですね。

面接では、これらのバリューを体現していた経験があるか、または発揮してくれるポテンシャルがあるか、という点を見ています。

マツリカの3つのValue


▶︎▶︎ マツリカのミッション・バリューについて詳細はこちら

ーマツリカで働く醍醐味・魅力を教えてください

2つあります。

1つは、一緒に働く人が面白いということです。
マツリカは、SFA(Sales Force Automation/営業支援ツール)というSaaSのど真ん中でチャレンジしている会社です。圧倒的な競合が存在する中で、自分たちのプロダクトSensesに誇りを持ち、絶対に市場に価値をもたらすと信じて挑戦しています。そんなチャレンジングで情熱的な人たちと働けるのは本当に面白く、マツリカの魅力の1つだと思います。

もう1つは、好きな働き方ができること。
フルフレックス・フルリモートという選択肢があることで、働く時間や場所を自由に決められるのは大きな魅力だと思います。でもそれは決して好き勝手やっていいということではなくて、各々が強い責任を果たすことで勝ち取っている自由です。

ー原田さんにとって「社員」はどのような存在でしょうか?

こちらの記事でも話している通り、会社の社員は「一緒に創っていく仲間」だと思っています。私の祭り化の原体験である、大学のダンスサークルの仲間のように、社員のみんなは一緒に勝つためのチームメイトなんです。私はHRとして、会社も社員も勝たせていきたいと思っています。

仕事っていうのは人生のなかで大きな割合を占めるものだと思うので、大きく言えば人生を一緒に創っていく仲間なんですよね。

「自分はこうなりたい」という軸があるか

ーマツリカが求める人物像は?

まずは、マツリカのミッション「世界を祭り化する」と、3つのバリュー 「Initiative・Liberty・Creativity」に共感していて、実際に体現できる人。
バリューを指針に、ミッション達成のための行動ができる人というのは絶対条件です。

あとは、自走力があること。
もちろん必要な研修はしますし、相談できる環境もありますが、誰かにやることを指示してもらったり、待っていて仕事が降りてくるということはないので、自分でInitiativeを持って主体的に行動できることが重要です。そのためには、素直さや仕事に対しての真面目さも必要ですよね。

あと、共同代表の黒佐がよく言うのですが、「自分はこうしたい・こうなっていきたい」という人生の軸や大切にしていることを明確に持っていることも大事です。なので、その部分は面接でも深掘ってお聞きしています。まずは、個人として自分の人生をこうしていきたいという気持ちを大事にしてほしい。それを実現する場所としてマツリカを選んでもらえたら嬉しいです。

ーマツリカで活躍できる人の特徴を教えてください

成果に貪欲な人ですね。
マツリカは体育会系ではないので、ガツガツした人がたくさんいるわけではありません。各々が自分の責任を果たすために仕事をしています。だけど、その中でも抜きんでて結果を出している人は、成果に対しての貪欲さを持っていると思います。

あとは、自分ひとりでPDCAをちゃんと回せる人ですね。さっき話したように、誰かが声をあげたらサポートやアドバイスをし合う風土はあります。でも、誰かが手取り足取り教えてくれる環境ではないので、そのなかで自分で改善を繰り返していける人は活躍できると思います。

「自分ならマツリカに良い影響を与えられる!」という気概のある人と一緒に働きたいですね!

ー逆に、これができないもしくは苦手だと入社しても大変だろうなと思うことはありますか?

「世界を祭り化する」というミッションをナナメに見てしまうような人は合わないと思いますね(笑)

あとは、フルリモート・フルフレックスを目的に入社したいという人。
私たちにとってフルリモート・フルフレックスは手段です。これらの制度を取り入れている目的は、全員が高いパフォーマンスを発揮するため。なので、フルリモート・フルフレックスありきになってしまうと難しいかなと思います。

ー面接ではどのような点を見ていますか?

採用面接では、先にお話した3つのバリューを丁寧に伝えるようにしているので、ここで共感してもらえるかどうかを見ています。

あとは、祭り化の火種や原体験を持っているかどうか。顔つきや面接に挑む姿勢だけでもなんとなく分かるんですよね。

ー採用後に高いパフォーマンスを発揮している人は、面接の際にどんなことを話していると思いますか?

自分の実現したいことが明確で、一貫していますね。

「なんのためにマツリカにいるのか」を自分で明確に理解し落とし込めている人は、面接の時にも「マツリカでこんなことをして、自分はこうなっていきたい」と言えるし、入社後も「なぜマツリカに入ったのか、なぜマツリカにいるのか」が一貫しているので、高いパフォーマンスを発揮しています。

ーまだまだ成長途中のマツリカで、採用後、入社してくれた方にはどのようなことを期待しますか?

まずは、成果を出してもらうことですね(笑)

それと、マツリカは第2創業期でまだまだ成長段階にあります。この混沌を一緒に楽しみながら成長していきたいです。

個人的には「マツリカを踏み台にしてやる」ぐらいの気持ちで来てほしいですね(笑)マツリカとともに自分自身を成長させてほしいし、仮にマツリカを巣立っていくことになった時、誇りをもって「私はマツリカでこういう仕事をしていました!」と言えるくらいの仕事をしてほしいです。

もちろんずっと一緒に働き続けられるのがベストなんですけど。

ー原田さんが採用をする上で大事にしていることを教えてください

私は面接に来てくれた人全員にマツリカのファンになってもらいたい、という気持ちで面接に臨んでいます。だから、面接で会社の魅力が伝わった時は嬉しいし、たとえ入社しなくても「この人と話したら元気が出た!」と思ってもらいたい。ふとした瞬間に「マツリカの人事の人、こんな良い事言ってたな」と思い出してもらえたらいいなと思っています。
そのために全力で面接します!

「組織図のない組織」を「人」を通して実現する

ーHRとして今後やっていきたいことを教えてください

マツリカのHRチームが目指すのは、社員全員が祭り化して働くことです。「祭り化して働く」をさらに形にするためにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています。

また、人事・採用の仕事は、代表二人が理想とする会社を形にすることだと思っています。代表の黒佐が言う理想の組織は、組織図のない組織。この理想の組織を、HRの仕事を通して実現していきたいです。

ーこれからどのような会社にしたいと思っていますか?

それぞれ違う人生を歩むなかで、各々にとってマツリカで過ごす間に良い影響を与え合うことができたらいいなと思っています。

スタートアップの人事を始めて、沢山の会社があるなかで同じ時期に同じ会社にいられることは奇跡だと思ったんです。
せっかく奇跡的に、同じ会社で同じ時間を過ごせるのだから、一人ひとりがマツリカにいるからこそできる挑戦をして、何かを得て、これからの人生をよりよいものにしてほしいと思います。そのために、祭り化した組織・会社づくりをずっとしていきたいです。

ー最後に、エントリーを検討している人にメッセージをお願いします!

マツリカのファンになってもらうために全力で面接します!

私たちは、1時間の面接に毎回情熱をかけて臨んでいます。一度話を聞いていただいたら一緒に働きたいと思ってもらう自信があります。
みなさんのハードルを越えていきますので、ぜひ一度お話を聞きにきてください!

▶︎▶︎ マツリカのことをもっと知りたい方は会社資料ダウンロード

現在、原田さんと一緒に
マツリカの人事・採用を担ってくれる仲間を待っています!

マツリカの人事マネージャーについて
もっと知りたい方はこちら

この記事を書いたひと


マツリカ原田美輝

株式会社マツリカ HR

原田 美輝
Miki Harada


法政大学卒業後、不動産検索サイトの営業、リサーチ会社の一般事務、マスコミの人事総務と様々な業種・職種を経験。どの仕事でも「情熱を持って生きていきたい」と思い働く中で、ミッションに共感して2019年5月 マツリカ入社。HRを中心に、バックオフィス業務にも携わる。
Twitter: @pa_x3x